新車選びではできない?!中古車選びの醍醐味とは?

若い世代は車を欲しがらないのか?

一昔前は自分の車を買うことが若い男性の最初の大きな買い物と言われるほどに人気がありました。
ローンを組んで、ボーナスには少し上乗せして返済しながら、気に入った車を愛車にして大切に乗ったものです。
自分の欲しい車と、自分が支払うことが可能な予算とを折り合いをつけることが重要で、あれこれと試乗したり、情報を取り寄せて検討したりしながら車を選ぶのはまさに男性にとっては一人前になった証のように感じられたかもしれません。
ここ数年の間に二十代、三十代前半の若い男性や女性の意識に変化が訪れており、あまり「自分の車を持つ」ということに執着しなくなりました。
理由はいろいろとあげられていますが、一つは飲酒運転に対する罰則や世間の認識が厳しくなったことが考えられます。
食事をしに出かけても飲んでしまったら車では帰れません。
タクシーで帰るか代行運転のサービスを利用しなければなりません。
最近は地方の飲食店を中心に代行運転のサービスが広がっていますが有料です。
タクシーの方が安くつくこともあるほど、値段設定はまちまちです。
飲めないから車でいかないという考え方が出てくるでしょう。
また交通の便が良い都会であれば、深夜になっても電車が走っているのでタクシー代を無駄に使うことなく電車で、場合によっては定期券で自宅まで戻ることができます。
へたに車で行こうものなら渋滞に巻き込まれて大幅に時間をロスしたり、駐車する場所がなくて路上駐車をする羽目になって罰金を取られたり、あるいは遠くの駐車場へ車を停めてそこから目的地までだいぶん歩いたなど、都会ではむしろ自家用車はなくても困らなくなってきました。
それでも完全に日本人が車を欲しがらなくっているのかといえばそんなことはけしてありません。
好きな人は数年で買い替えることもありますし、家族で旅行するなら自家用車が便利です。
ただ、自家用車に移動の便利さを求めるだけの人たちが、新車ではなく中古車で十分だと考えたとしてもおかしくはないかもしれません。

Copyright (C)2015 新車選びではできない?!中古車選びの醍醐味とは? All Rights Reserved.